虫歯と歯周病はどう違う?歯周病になったときには歯医者を頼ろう

よく発生する虫歯と歯周病

虫歯と歯周病は、歯医者で治療を受けることができますが、原因も治療法も異なります。症状も異なるので、口内の状態がおかしいと感じたら、すぐに歯医者に相談しましょう。まずは2つの違いから見ていきます。

虫歯と歯周病の違い

虫歯

虫歯と歯周病は、まず菌の種類が異なります。虫歯はミュータンス菌という菌が歯に悪さをします。歯のみに影響を与えますが、虫歯が進むと歯茎にも影響が出てきてしまうので、歯がボロボロになってしまう前に早めの治療をオススメします。

歯周病

歯周病はミュータンス菌ではなく、歯周病菌が原因で起こるものです。また、歯ではなく歯茎や歯の根っこの膜に影響が出てくるので、歯茎が痩せて歯が抜けやすくなってしまうこともあります。こちらも早めの治療が必要なので、定期的に歯医者に通って、チェックしてもらいましょう。

虫歯と歯周病はどう違う?歯周病になったときには歯医者を頼ろう

医療器具

虫歯を防ぐ方法

虫歯になると歯がどんどん溶かされ、穴が空いてしまいます。穴が空く状態までなると、我慢できないほどの痛みに襲われてしまうこともあります。そうならたいためにも、日頃から歯のケアはしっかりと行っておく必要があります。虫歯菌の餌となる糖分をきちんと除去することができれば、虫歯菌が増える環境を無くしてくことができます。

歯型

歯周病を防ぐ方法は?

歯周病は虫歯と違い、それほど痛みを感じません。そのため気づかないうちに進行し、突然歯のグラつきを感じることがあるのです。歯と歯茎の間もしっかり掃除することで歯周病菌を取り除くことができます。

医療器具

気づきにくい歯周病は歯医者で診てもらおう

自分では歯周病になっているのか、進行してしまっているのかという部分まで気づくことができません。わからないまま放置していると歯を失ってしまうことにもなりかねないので、歯医者に行って診てもらいましょう。

院内

予防歯科でトラブルを改善

大阪には多くの歯医者がありますが、予防歯科を取り入れている歯医者もあり、歯周病予防として利用することもできます。歯石を落とせるスケーリングを行ったり、レーザー機器を用いた治療方法もあるので、歯周病の予防と治療を受けることができるでしょう。

スケーリングを受けた方の体験談

歯型

炎症が良くなった

歯茎の炎症が気になったので、歯医者に相談してみたんです。歯周ポケットに歯石が溜まっていたようで、スケーリングで取り除いてもらいました。スケーリングを受けた後は、炎症も治まり、スッキリしましたよ。

広告募集中